CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
サンダーバード ARE GO ブルーレイ コレクターズBOX2 (初回限定生産) [Blu-ray]
サンダーバード ARE GO ブルーレイ コレクターズBOX2 (初回限定生産) [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

season1後半の13話収録です。2期はどうなるんだろうか…まだジェフは帰ってきません。(帰ってくるのか…?子供向け番組だから最後はハッピーエンドになってほしいんだけども)
RECOMMEND
サンダーバード ARE GO ブルーレイ コレクターズBOX1 (初回限定生産) [Blu-ray]
サンダーバード ARE GO ブルーレイ コレクターズBOX1 (初回限定生産) [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

season1前半の13話収録です。2期も決まってますが本国でもいつやるかは未定な様子。5/11発売。
RECOMMEND
サンダーバード Blu-ray BOX
サンダーバード Blu-ray BOX (JUGEMレビュー »)

新作のBOXと合わせて再販されます。初回生産版のブックレット等のオマケなどが無くなったものですが、肝心の映像内容は変わらないものだそうです。5/11発売。
RECOMMEND
iiyama ゲーミング4Kディスプレイ モニター GB2888UHSU-B1 28型(1ms/3840×2160/DisplayPortx1/HDMIx2/HDMI(MHL)x1/D-subx1)
iiyama ゲーミング4Kディスプレイ モニター GB2888UHSU-B1 28型(1ms/3840×2160/DisplayPortx1/HDMIx2/HDMI(MHL)x1/D-subx1) (JUGEMレビュー »)

2016/8/24発売。※3,860×2,160 @60Hz接続は、DisplayPortとHDMI1接続時のみであり、モニタ本体側のメニュー項目で「DP Format1.2」、「HDMI Format2.0」を設定する必要があります。
※HDMI2、HDMI3は接続時は3,860x2160 @30Hzまで。
RECOMMEND
CLIP STUDIO PAINT EX
CLIP STUDIO PAINT EX (JUGEMレビュー »)

2013.2.1発売。CLIP STUDIO PAINTの最上位でありComicStudioの後継。どんどん進化していくぞ!
RECOMMEND
ComicStudioEX 4.0 for Mac OS X版 バージョンアップ版
ComicStudioEX 4.0 for Mac OS X版 バージョンアップ版 (JUGEMレビュー »)

アナログで培った物をデジタルでも活かす、発展させる事ができるアイテム。慣れたらもうアナログには戻れない…かもしれない。
CATEGORIES
このBlogに関して
このページ内の画像をNAVERまとめに転載することを禁止します。
MOBILE
qrcode
アドびぇ…
去年のアップグレードポリシー云々での不信感がいまだに拭えません。てか回復させるようなことが一切無いのでマイナスのままです。

Adobe Creative Cloud…コピー品に散々悩まされている会社だからこうなるのも当然かと思うけど、正規のユーザーが「認証サーバーが落ちて使えない」とか、そういう状況になるのが心配なのよね。最近だとシムシティ5の件(オンライン専用/サーバー混雑で保存ができずデータ消失)が物語ってる。ネットやクラウドって便利だけど、それがあれば何でも解決できる夢の道具では無いと思うのよ。

単品のパッケージ版は出していくみたいだけど、それもいつまで続くやら。すぐ方針を変える会社だからな…。ライバルだったMacromediaを吸収してから事実上敵がいなくなって、やりたい放題してるって感じがする。なので今印象が最悪です。

クラウドの利点が「ユーザーはいつでも最新のバージョンが使えます!」…ぐらいしか言ってないのが気になる。むしろそれくらいしか利点が無い。SNS連動サービス?遠方のユーザーとの連携?みたいなのも言ってるけど、それはadobe製品を使わなくてもできるので何とも言えない。

毎回毎回アップグレードの度に新技術を投入してくるけど、それは本当に使うものなんだろうかと疑問もある。adobeの偉い人のお話だと「ユーザーは新技術をいち早く使いたがる・時代に流れについていくために最新技術を即投入できるCloudを選んだ」云々おっしゃっているんだけど本当なんだろうか。そもそも写真も出版も映像もソフトの新技術を常に頼らなくてはならない業界なんだろうか。

ユーザーはadobe製品を全て使うなら月額5.000円、1種類しか使わないなら毎月3.000円かかる。年間60.000円、もしくは36.000円の負担。もし1ヶ月だけPhotoshopを使いたいだけなら8.000円かかる。この負担は軽くないと思う。それに、収益が上がらなくなったら普通に値上げしてきそうだなぁとも思える。月額1万円とかになったら年間12万円負担で普通にパッケージ版が買える値段だよね。まさかそこまではしないだろうと思うけど、adobeならやりかねないとも考えてしまう…。

海外での反応も散々みたいだし、また後出しで何かキャンペーンとかしてくるのかなぁ…。最初から譲歩できるならしておけばいいのに「クレームが来たから」といって渋々譲歩するのはお間抜けとしか言いようが無い。むしろ企業なら”これを発表したらどういうクレームが来るか”というのを想定しなきゃ駄目だろう。想定できないというのはマーケティングが出来てない=ユーザー目線では無いからだよな。何年後かに普通にパッケージ版の販売を再開してたら笑うなぁ…ハハハ

FLASHの問題でadobeとはほぼ決別してるんだし、そろそろ画像処理ソフトでapple様が本気出してくれないかね(無理)。


| Macintosh+PC関連_2 | 03:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
PPC604e
そういえばMacProを新調したので我が家で一番古いMac、UMAX Pulsar225を処分しました。Macでのお絵かきを教えてくれた&学んだマシンでした。

UMAXはとっくの昔に国内から撤退しているので、第三者機関・パソコン3R推進協会に処分を申し込みました。iiyamaのモニタを処分したときもお世話になったので2度目。今iiyama製品はマウスコンピュータが回収してくれるんだけど、丁度処分しようとした時期がマウスに吸収されるかされないかの時期で「倒産メーカー」扱いされてたんだよね(´・ω・`)

604e

で、HDDを抜こうと中を開いたらCPUカードが目に入って、ちょっと綺麗だなと思ったので写真撮ってました。CPUの載ったカードをロジックボードに挿す仕組みで、CPUの交換や増設が簡単なマシンでした。そして抜いたHDDはSCSIでした。今のHDDはだいたいIDEかATA?

SCSIのHDDって無くなっちゃったんだ?と思って調べてみたら、性能はSCSIの方が良かったものの、ATAのHDDが安価で大量に出回った結果コンシューマ市場から消えてしまったという、βとVHSの戦いのようになってました。安さは正義なのかっ…! でも信頼度(頑丈さ?)はATAより高いらしく、今SCSIのHDDは主にサーバー用として使われているとか。

MacProにするまでは内蔵HDDの置換とか増設とかやらなかったから、この辺の規格の変遷は知らなかったですな。そして調べているなか、日立がHDD事業から撤退というかウエスタンデジタルに売却していたことを知る…。うええうええ。日立好きだったのになぁ。国内はもう東芝だけになったのか…ざんねん(´・ω・`)
| Macintosh+PC関連_2 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
Mac Pro Mid2012 〜そして帰還〜
ちょっとビックリしました。長ければ(部品が無ければ)5週間かかると聞いていたのに、17日昼発送→18日昼到着→18日夕方発送→19日朝到着という、タッチアンドゴーな修理期間でした。検証と修理にかかったのが3時間半くらい…。

ご申告頂きました「画面がちらつき、グレーがかった縞模様が発生する」、「フリーズする」症状につきまして検証を行いましたところ、グラフィック関連のエラーが発生していた形跡を確認しましたので、ビデオカードを交換しました。

…とのこと。
この記述を読んで思ったのが「エラーが発生していた形跡」ってのはどこで調べたり見ることができるんだろうか?ということ。ログが残ってる?グラボ自体に何か痕がついてた??ちょっと教えて欲しい…。

あと荷受け時にヤマトが持ってきた箱は、MacPro専用の箱でした。購入時の箱ではなく、もっとしっかりしたやつ。構造的に「衝撃を与えれば脚が歪みやすい」と思っていて心配だったのですが、ちゃんと脚が歪まないように、ピッタリの緩衝材が入ってました。箱の内側に"MacProの詰め方"も図解で貼ってありました(笑)。

よくわかるまっくぷろのず
初代MacPro
Mid2012も初代↑と外見は変わらないです。中身の構造は違うけど。

「発送時にキーボードやケーブルなどは付けないでください」とは言われたのですが、表面に傷が付かないように薄く巻いておいたポリエチレンのシートが付属品として帰ってきました(苦笑)。緩衝材まできっちり返してくれるというか、返す決まりなんだね…。ちとお手間を取らせてしまった…(´・ω・`)でも素で渡すのはちょっと心配だったの…まさかMacPro専用の箱を持ってくるとは思ってなかったし。

何はともあれ、これで安心してお絵かきできるようになったかな?(*´∀`)ヒャッホーイ!
| Macintosh+PC関連_2 | 05:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
Mac Pro Mid2012 〜そして修理へ〜
PRAMクリアは効かなかった様子。夏コミコピー本の修羅場中にも笑えない感じに止まりまして、それに加えだんだん症状が悪くなってきてる気がするので再びappleに電話しました。

【今回のかたまりかた】
画面がちらつきだす
ちらつく

ちらつきが酷くなりとうとう画面全体がグレーの縞模様に
グレー縦縞

画面復帰(BootCampでグレーの縦縞が出たときは復帰したりしなかったり)
元に戻る

でもFinderはフリーズしていてキーボード操作を受け付けず。強制終了もできない。時計も止まってる。マウスカーソルは動かせるが、どこをクリックしても反応はない。→電源ボタン長押しで強制終了

Finderがフリーズしてるってことは、このちらつきはとりあえずモニターの問題じゃ無いって事だよな…。ソフトの問題ならば、今までちらつきが現れた時に使っていたものってPhotoshopCS5.1、ComicStudio4EX、FireFox14、プレビュー…割と多岐にわたる。特定のソフトで頻発しているという訳では無い。

だとすると、OSの問題かとも思えるけれども、BootCamp時にも同じ症状が出ているので、どうもそういう訳では無いようだ。

原因が判らず今日はシニアサポーターという方にまで電話が繋がりまして、BootCamp時にも同じ症状が出てるならハードの問題かなー…という事になり、修理ということに。「ある特定の部品の問題かと思われますが、よく判らないので全て引き取り検証致します」とのこと。ある特定の部品ってたぶんグラフィックボードだよね… でもグラボの異常でFinderが固まるの?と疑問でもあったので、一旦引き取って診て貰うことにしました。グラボなのかもしくはロジックボード(マザーボード)なのか、素人には判らないよこの症状。

今週中に旅立ちます…元気になって帰ってきてほしい…(切実)

●8/15追記●
■ATI HD 5000シリーズで生じる不具合、縦縞現象の解決方法
http://kishinkan.jugem.jp/?eid=5412
※7を試してみたいけど残念ながらぬこがいない…
■同じ症状?
http://review.kakaku.com/review/K0000117058/ReviewCD=403475/
| Macintosh+PC関連_2 | 03:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
appleサポート
画面にグレーの縦縞が出る&文字が読めなくなるぐらいちらつく件のご相談、今日やっとappleに繋がりました…。なんか電話機か回線かが悪いのかな。自動音声の指示通りの電話機のボタンを押しても反応しなくて、しょうがない感じでiPod相談窓口に繋がる(笑)。で、その後Mac相談窓口に繋いで貰いました。

とりあえずPRAMクリアしてみてくださいというご提案を受けました。ただ症状が出るときが「何かしら画像を表示したとき/画像を切り替えたとき」と漠然としてるので、原因究明には時間かかりそう。OSの問題かも知れないので、しばらくはSSDにクリーンインストールしたばかりのLionで運用していこうかな。

Photoshopを使っててもブラウザ使ってても症状が出るから、GPUに負荷がかかってるという訳じゃなさそうなんだよね。WEBでリンクを踏んで飛んだら画面に縦縞&ちらつきだしたとか、Photoshopで10枚くらい画像を編集していて、別のタブに移動した瞬間に始まるとか、そんな感じ。なんだろね。
| Macintosh+PC関連_2 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
Lionインストール
SSD(Solid State Drive)を入れたのでOSのインストールをしようとしたのですが…そういえばこのマシン、DVD類が一切付いてきてなかった…。

OSのインストールDVDが無いってのは不安なんだなと思った。MacBookAirみたいな光学式ドライブを廃止したMacがあるので、それに合わせてなのかな…。一応内蔵HDDから起動しなくなった場合、ネットに勝手に繋いでAppleのサーバーからマシンを起動させ、ハードウェア診断を実行するらしい。でもこの場合はネットに繋いでいない環境だとダメって事だ。自分で起動用DVDを焼いたり、USBメモリにリカバリー用システムを入れたりはできるようだけど、結構裏技的な方法っぽいなぁ…。

最初、リカバリー用ドライブ(Appleのサイトでは”復元用HD”と記載されているけど実際には英語表記で”Recovery HD”)がHDDの片隅に勝手に作られているのもどうかと思った。オプション押し起動して、身に覚えのないドライブがあったときはビックリした(笑)。

で、今回の本題、OSのインストールをやってみる。OSのインストールは、リカバリー用ドライブを起動してするらしい。オプション押し起動をして、Recovery HDを選択。無事起動するとリカバリー用のメニューが表示される。OSの再インストールを指定し、SSD(この時点でHFS+フォーマット済み)を指定。ここまでは予想通り。

ここからが予想外。それまではてっきりそのリカバリー用ドライブにOS(Lion)がむぎゅっと圧縮されて入っていて、そこからインストールを始めるのかと思っていたら、ネットからダウンロードし始めたよ! ADSLで2時間かかったよ!(苦笑) なんか…個人的には使い勝手が悪くなった気がするよ…ゲッソリ

あとMac側で変な症状が出ました…。グレー画面ではないのですが、ブラウザで特定のページを読み込むと画面全体の下の方1/4が歪み+ちらつくという。そのページを何度読み込んでも同じようにちらつくので、何だろう…?と思いつつもその日はそこでシステム終了。翌日懲りずにそのページを読み込みに行ったら、その時は何ともなかった。やっぱり描画が不安定かな?

でも今までのMac達では起きなかった症状なので、だんだん怖くなってきて翌日Appleに電話するも繋がらず…!!

↓SSDはこれを入れてみました。今のところ正常動作中。MacPro用マウンターは秋葉館から購入。そういえば同時購入した3ボタンマウスにADB変換アダプタが付いてきてちょっとビックリした。いつの時代の在庫よ!(笑)
| Macintosh+PC関連_2 | 01:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
熱暴走
PSO2起動中、グレーのしましま縦模様が出て突然フリーズ。たぶんGPU(ATI Radeon HD 5870)が熱暴走したと思われます。その後PSO2の設定を色々試してみましたが、以前と同じ最低設定で落ち着きました。何だろうこの敗北感…orz

PSO2環境は以前より過酷になった気がします。描画が不安定な気がする。描画設定2・シェーダー簡易・動画再生しない・fps30・ウィンドウモード解像度1024×768…という設定を試していてフリーズしたときは、激しい戦闘中ではなくショップエリアで買い物をしていた時でした。描画設定を落とし始めた時から症状が出てきた気がしたので、試しに標準設定でプレイしてみたら、画面が2秒くらい止まることがあって、動くことは動くんだけどこれはダメだなと。今現在appleStoreで買えるハイエンドGPUなのになぁ…うーん…

色々ググってみたらBootCamp上でのMac本体ファンの回転数は2000rpm固定らしく、それだと冷却は不十分ということか…。Mac側では最高で6000rpmまで上がるらしいのに、何でBootCampだと2000rpmに固定されてるんだろね。排熱に関してはノート類よりも勝っているであろう筐体なのに、上手くいかないって何てこと。appleがWin用のドライバを上手く作れていないのか…

この状況になって、初代MacProのGPU/7300GTって凄かったんだなと実感しました。あれは省エネ&静音なファンレスボードなのに、何時間ゲームしてもびくともしなかった。てか初代は置き場所を変えただけで、ちゃんとモニタに接続されて存在してるので、PSO2はそっちでやろうかなんて考えも起きてます今(笑)。

後はまぁ…BootCampで冷却ファンの動きを制御するソフトの導入か…。

【今日の検索用語】
BootCamp 冷却ファン 制御
Lubbo's Fan Control
Fan Control
Temperature Monitor
Input Remapper
smcFanControl
| Macintosh+PC関連_2 | 04:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
まっくぷろは12コアにしんかした!
しんかした!
ということでやっと届きました、MacPro(Mid2012)。iPodtouchと同じく深セン市(中国)から。カスタマイズとか刻印とかあると中国からになるのかな。5時間くらいで来てるので空輸と思われます。

初代に積んでいたHDDの1つをそのまま突っ込んで、かなり物理的なデータ移動は終了。移行アシスタントを使って全てのアプリとファイルをSnowLeopardからLionに移動。SSDも買ったのですが、どうも付いてきたマウンタが合わない感じだったのでMacPro用のマウンタを買わないと。初代より起動がいささか遅い気がするんだけどSSDにしたら早くなるのかな。

ファンクションキーが色々変更されていてショック。ATOKで変換をF7〜でやっていたのでいつも通りに押してしまうとiTunesが起動する(笑)。これちょっとめんどくさいな変えられるのかな。。。

Winは7になりました。そしてNTFSファイルシステムに(笑)。
| Macintosh+PC関連_2 | 01:46 | comments(3) | trackbacks(0) |
あるえー
Macのメモリが…先日の512MB*2に続き、DIMM RiserBの1に入っていた512MBが死亡…。DIMM RiserBの2に入ってる方は大丈夫なようだけど、2枚一組で使うのが原則なのであわせて終了。

あるえー

これは壊れた理由がわからない。電源投入自己テストを今日たまたま見たらエラーが出てた。もしかしたら前回ここもダメージあったのかもなぁ…。そして忙しくて必要なときに死ぬよねこういうの。残ってるのはDIMM RiserAの1と2のみ。もう本体自体に限界が来てるのかもしれないな…買ってしまおうか新しいのを。てかこの残ってるメモリが死んだら起動しなくなるだろうから、買うしかないんだ、新しいのを…

できたら夏コミはこのマシンで越えたいんだけど覚悟しておく…(´・ω・`)ぬーん
| Macintosh+PC関連_2 | 06:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
512MBメモリさん達死亡
明日ブレーカー交換工事が入るからとわたわたと両親がブレーカー周辺を掃除してまして、弾みで2階のブレーカーだけ落とすという100年に一度くらいの神技が出ました。

丁度2階でPC作業してまして…HDDやデータは大丈夫だったのですが、いにしえの512MBメモリさんが2枚お亡くなりになってました。亡くなったのはどっちか片方かもしれないけど、2枚ずつの組み合わせで使わなくちゃならない+今時同じ512MBメモリ単品は売ってないので、両方とも外しました…(´・ω・`)ションボリ 

セルフ停電後に普通に起動したし、ディスクユーティリティで全てのドライブに診断かけて大丈夫だったからホッとしたのもつかの間、念のためシステムプロファイラを覗いてみたら、電源投入自己テストで「メモリエラー」という診断と共にDIMM RiserAの3.4に入っているはずのメモリが認識されてない…。再起動してみるも認識しないし、また電源投入自己テストでエラーが出てる。原因(=停電)が判るだけに、お亡くなりになったと判断しました。

メモリーエラーっててっきりビープー音が出ると思ってたけれど、無視して起動できる場合は起動してしまうのね。で、この診断が出来るって事はメモリスロットは無事で、でも挿してあるメモリに難があるからこのメモリはスルーしようとシステムが判断して自動的に切り離したって事なのかなー? それともメモリ側の何かブレーカーみたいな装置が働いたとか…そういう技術には疎いので好き勝手想像してみるよ!ヽ(´ー`)ノ

まだ初代MacPro用のメモリって売ってるんだけど、来年クックの言うすごいMacProが出るらしいから、投資はその時にしたいのよね。あと1年、もつかなー…

UPS入れてなかったんだけどそろそろ入れるかな。気軽に買えるお値段じゃないしあれ自体熱を持ちそうだから躊躇してたけど、やはりハードに影響が出ると考えるよね。システムを無事に終了する時間があればいいからそんな容量でかくなくていいし…うーむ。

マインドシーカー
お亡くなりになった512MBメモリさん達。お疲れ様。ついでに先日兄の部屋から発掘された超能力開発ソフト、マインドシーカー(取説/ハガキ付き)。もうこれで超能力開発して、地震やら停電やらハード異常やらを予知して……Zzz...
| Macintosh+PC関連_2 | 00:01 | comments(3) | trackbacks(0) |
<< | 2/5PAGES | >>