CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
Minecraft(マインクラフト) 公式ガイド ネザー&ジ・エンド
Minecraft(マインクラフト) 公式ガイド ネザー&ジ・エンド (JUGEMレビュー »)
Mojang AB
エンダードラゴンは空き瓶で殴って倒しました。(ドラゴンブレス拾いながらの所行)
RECOMMEND
Minecraft(マインクラフト) 公式ガイド レッドストーン
Minecraft(マインクラフト) 公式ガイド レッドストーン (JUGEMレビュー »)
Mojang AB
レッドストーンはいまいちよくわかってないです。リピーターはなんとか…コンパレーターはまだよくわかってないです。
RECOMMEND
RECOMMEND
ファイナルファンタジーXV ウィンドウズエディション
ファイナルファンタジーXV ウィンドウズエディション (JUGEMレビュー »)

この2年で色々追加された完成版です(笑)。当初の発売日にこの状態だったら神ゲーと言われていたに違いない…
RECOMMEND
Minecraft(マインクラフト) 公式ガイド サバイバル
Minecraft(マインクラフト) 公式ガイド サバイバル (JUGEMレビュー »)
Mojang AB
だいたいピースフルでやってますが、たまにサバイバルで色々倒したくなります。
RECOMMEND
CLIP STUDIO PAINT EX
CLIP STUDIO PAINT EX (JUGEMレビュー »)

2013.2.1発売。CLIP STUDIO PAINTの最上位でありComicStudioの後継。どんどん進化していくぞ!
RECOMMEND
ComicStudioEX 4.0 for Mac OS X版 バージョンアップ版
ComicStudioEX 4.0 for Mac OS X版 バージョンアップ版 (JUGEMレビュー »)

アナログで培った物をデジタルでも活かす、発展させる事ができるアイテム。慣れたらもうアナログには戻れない…かもしれない。
CATEGORIES
このBlogに関して
このページ内の画像をNAVERまとめに転載することを禁止します。
MOBILE
qrcode
<< 断捨離実行中 | main | 強い弱いのこと >>
Kindle用ファイルの目次を作る
【前回までのあらすじ】Kindle用漫画を作成するならPhotoshopやKindle Comic Creator(公式ツール)で1枚1枚画像を作成するより、CLIP STUDIO PAINTから直接Kindleフォーマットである「.mobi」で書き出した方が早そうだと感じた佐原は、とりあえず実行してみることにした。作戦は見事に成功。早速Kindleでの表示を試みるーー

CLIP STUDIO PAINTから書き出した「.mobi」ファイルを、USB経由でKindleのdocumentフォルダに突っ込めば良いらしいのでひとまずやってみる。

パーソナル
できたできた。

普通に読めます
CLIP STUDIO PAINTからの書き出し解像度は800×1280、高品質。文字は綺麗に見えます。そして、34ページ出力した時点で.mobiの容量は31MB…150ページくらいのファイルを作りたいんだけども、50MB以内に納めるのはちょっと無理そう? 高品質で書き出しているので、そこを削っていって何とかするしかないか…。いざとなったらGraphic Converterさんのお世話に…

目次…
そして目次が作成されずにえらいことになってました。(目次に全ページが記載され、目次になってない状態)

うーむ、目次作らないとなぁ…と思い、色々と探してみる。どうもhtmlで書くらしい。自分はhtmlの知識はあるんだけど、これ無い人は敷居高いなぁ…しかし今時htmlなんだなぁ。目次ファイルを作るとして、どう組み込めば良いんだろう……?

CLIP STUDIO PAINT公式で「目次機能はサポートしてないよん」と言っているので、サポート早くしてほしーなーと思いつつ、どうしようかと悶々としていたら…

おや?
あれ、サポートしてないと言いつつ、目次ファイルがある?

CLIP STUDIO PAINTから書き出した「.mobi」の入っているフォルダに鎮座していたこのかた。ランダムで作られたよく分からない名前のフォルダの奥の奥、深い階層にあるので探すの大変ですけど(フォルダやファイル名を参考に検索かければすぐに出てくるかな)、目次用の.xhtmlファイルを一応作ってくれているようなので、これを編集すればなんかできそう。

…しかしこれがあるってことは、目次編集機能をサポートする気はあるって事でOKですかね?セルシス様(*´∀`)

参考■さっそくKindle用コミックを公開してみよう!

ここで、↑ComicStudio時代に書かれたKindle用ファイルの作成方法を参考にして、CLIP STUDIO PAINTで作られていたファイルを解析していくと、上記の講座で「content.opf」と書かれている物が「standard.opf」となっている様子。それをちょちょいといじって…navigation-documents.xhtml(目次のファイル)もちょちょいといじって…

ヒント
navigation-documents.xhtmlの、「本文3」となっている部分を「act.0」と書き換え、目次として使う分以外の<li>は全て削除。

さてさて、ここでKindlePreviewerを起動させたらX11(*)を求められました。Kindleを買ってKindlePreviewerをインストールした2月の時点では無かったのに。でもX11が必要となると、Macユーザーは海外サイトに行ってX11をダウンロードしてこなくちゃならないという敷居ができたぞ…。

そして上記の講座を参考に、KindlePreviewerへ「standard.opf」をドラッグ&ドロップすると、同じ場所に新たなフォルダが作られ、その中にまたまた新たな.mobiが作成されていました。

Kindleの目次ができました
この.mobiをKindleのdocumentフォルダに突っ込み、見てみると…目次は「navigation-documents.xhtml」で記述した通りのものになっていました。イエーイ。ありがとうセルシス様!早く目次機能正式対応して!!(笑)
*X11
他OSとGUIの互換を持たせるもので、簡単に言うと描画の拡張機能なんだけども、Mac版(or Win版)として作られているソフトなら普通いらないもの。(以前wineを動かすために導入したことがある)

今回KindlePreviewerに求められたのは以下の4点

●xdpyinfo…ディスプレイ情報ユーティリティ。サーバの機能、クライアントとサーバ間の通信で使われる各種パラメータの既定値、利用可能なスクリーンやビジュアルのタイプを調べるために使われる。

●Xvfb…ディスプレイのないサーバ機などでX11の画面入出力をシミュレートするサーバ・ソフトウェア。自動的にキャプチャを撮ることもできるらしいが…

●pango-querymodules…多言語を表示するためのオープンソースライブラリ。しかし色々読んでいると「セキュリティ面で安心できないところあり」との記述あり。脆弱性がありそうってこと?

●webreader…謎。ブラウザ?

なんかどいつもこいつも秘密裏に「通信」してそうで嫌なんですが…。というか「通信するよ?」的なダイアログが出た気がする(許可はせず)。 
| ComicStudio | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sweet.starfish.chips.jp/trackback/993474
トラックバック