CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>
RECOMMEND
サンダーバード ARE GO ブルーレイ コレクターズBOX2 (初回限定生産) [Blu-ray]
サンダーバード ARE GO ブルーレイ コレクターズBOX2 (初回限定生産) [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

season1後半の13話収録です。2期はどうなるんだろうか…まだジェフは帰ってきません。(帰ってくるのか…?子供向け番組だから最後はハッピーエンドになってほしいんだけども)
RECOMMEND
サンダーバード ARE GO ブルーレイ コレクターズBOX1 (初回限定生産) [Blu-ray]
サンダーバード ARE GO ブルーレイ コレクターズBOX1 (初回限定生産) [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

season1前半の13話収録です。2期も決まってますが本国でもいつやるかは未定な様子。5/11発売。
RECOMMEND
サンダーバード Blu-ray BOX
サンダーバード Blu-ray BOX (JUGEMレビュー »)

新作のBOXと合わせて再販されます。初回生産版のブックレット等のオマケなどが無くなったものですが、肝心の映像内容は変わらないものだそうです。5/11発売。
RECOMMEND
iiyama ゲーミング4Kディスプレイ モニター GB2888UHSU-B1 28型(1ms/3840×2160/DisplayPortx1/HDMIx2/HDMI(MHL)x1/D-subx1)
iiyama ゲーミング4Kディスプレイ モニター GB2888UHSU-B1 28型(1ms/3840×2160/DisplayPortx1/HDMIx2/HDMI(MHL)x1/D-subx1) (JUGEMレビュー »)

2016/8/24発売。※3,860×2,160 @60Hz接続は、DisplayPortとHDMI1接続時のみであり、モニタ本体側のメニュー項目で「DP Format1.2」、「HDMI Format2.0」を設定する必要があります。
※HDMI2、HDMI3は接続時は3,860x2160 @30Hzまで。
RECOMMEND
CLIP STUDIO PAINT EX
CLIP STUDIO PAINT EX (JUGEMレビュー »)

2013.2.1発売。CLIP STUDIO PAINTの最上位でありComicStudioの後継。どんどん進化していくぞ!
RECOMMEND
ComicStudioEX 4.0 for Mac OS X版 バージョンアップ版
ComicStudioEX 4.0 for Mac OS X版 バージョンアップ版 (JUGEMレビュー »)

アナログで培った物をデジタルでも活かす、発展させる事ができるアイテム。慣れたらもうアナログには戻れない…かもしれない。
CATEGORIES
このBlogに関して
このページ内の画像をNAVERまとめに転載することを禁止します。
MOBILE
qrcode
<< アドびぇ… | main | CLIP STUDIO PAINTでシアン抜き >>
CLIP STUDIO PAINTでCMYK
ということで、adobeに頼らない同人生活を模索中です。

【はじめに】画像は全てCLIP STUDIO PAINT(Mac版)・RGBで作成。CLIP STUDIO PAINTで画像作成中はCMYKプレビューモード(表示→カラープロファイル→プレビューの設定→CMYKJapan Color 2001 Corted/知覚的/色調補正チェックは入れているけどグラフを一切いじってない)を使っています…が、起動の度にリセットされるのでたまに設定するのを忘れて描いてました(あーあ)。

何となく比較画像
上はCLIP STUDIO PAINTからCMYK/tiffで書き出したもの。下はそれの元ファイルRGB/psd。この二つの画像をPhotoshopCS5.1で開いてみてスクリーンショット撮ってみた。

CMYK変換はやっぱり色が濃くなるというかくすむ。でも今回妙な色の変わり方…青が緑になるとかはしなかったので、Photoshopでレベル補正だけしてそのまま入稿しました。

CLIP STUDIO PAINTでRGBの画像を作成後「CMYKプレビューモード」にしてみて変換時の色のくすみが気にならないなら、CLIP STUDIO PAINTでCMYK変換したものをそのまま入稿してもいいんじゃないかなって思いました。くすみが気になって仕方なくてシアン抜きみたいなCMYKのトーンカーブ操作をどうしてもしなきゃならない人はもうPhotoshopしかないけども…。今はジャンル的に表紙は特殊紙やPP加工が入るので色味なんていくら調整しても変わってしまう。そもそも印刷屋さんが変われば機械も変わるからそれでも色味は変わる。モニタも調整してなければそれでも色は変わるだろう。

【今日の悟り】この際色味が変わることを楽しもうではないか( ´∀`)

えらい極論に辿り着いちゃったよ。でも本当に色にこだわりたいならお高いモニタとか必要な機材を集めなくてはならないし、やっぱりソフトはPhotoshopになるんだろうし、製版に関する知識も必要になってくる。良い印刷屋さんも探さなくては駄目だ。同人でそこまでやらなくてはならないのか?と考えれば殆どの人がどこかで妥協すると思う(笑)。自分はもうとっくの昔に妥協している。妥協しすぎてもう色付いてりゃいいやぐらいにまでなってる(妥協しすぎ)。

もし制作がCLIP STUDIO PAINTで終わる、色校正だけちょっとPhotoshopでやりたい…ぐらいなら、入稿前にキンコーズに行けばいいような気がした。あとはRGB→CMYKの色変換を上手くやってくれる印刷屋さん(プロ)に丸投げしてしまうとか。CLIP STUDIO PAINT以外のソフトを使うMacユーザーならば、標準装備のColorSyncユーティリティを使えばRGBのCMYK変換と多少の補正はできる。

これでアドビ税を払わずに済むように…なる…のか?

■参考
ColorSync ユーティリティ(Mac)
Pixelmator(Mac)
| ComicStudio | 03:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sweet.starfish.chips.jp/trackback/993404
トラックバック