CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
サンダーバード ARE GO ブルーレイ コレクターズBOX2 (初回限定生産) [Blu-ray]
サンダーバード ARE GO ブルーレイ コレクターズBOX2 (初回限定生産) [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

season1後半の13話収録です。2期はどうなるんだろうか…まだジェフは帰ってきません。(帰ってくるのか…?子供向け番組だから最後はハッピーエンドになってほしいんだけども)
RECOMMEND
サンダーバード ARE GO ブルーレイ コレクターズBOX1 (初回限定生産) [Blu-ray]
サンダーバード ARE GO ブルーレイ コレクターズBOX1 (初回限定生産) [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

season1前半の13話収録です。2期も決まってますが本国でもいつやるかは未定な様子。5/11発売。
RECOMMEND
サンダーバード Blu-ray BOX
サンダーバード Blu-ray BOX (JUGEMレビュー »)

新作のBOXと合わせて再販されます。初回生産版のブックレット等のオマケなどが無くなったものですが、肝心の映像内容は変わらないものだそうです。5/11発売。
RECOMMEND
iiyama ゲーミング4Kディスプレイ モニター GB2888UHSU-B1 28型(1ms/3840×2160/DisplayPortx1/HDMIx2/HDMI(MHL)x1/D-subx1)
iiyama ゲーミング4Kディスプレイ モニター GB2888UHSU-B1 28型(1ms/3840×2160/DisplayPortx1/HDMIx2/HDMI(MHL)x1/D-subx1) (JUGEMレビュー »)

2016/8/24発売。※3,860×2,160 @60Hz接続は、DisplayPortとHDMI1接続時のみであり、モニタ本体側のメニュー項目で「DP Format1.2」、「HDMI Format2.0」を設定する必要があります。
※HDMI2、HDMI3は接続時は3,860x2160 @30Hzまで。
RECOMMEND
CLIP STUDIO PAINT EX
CLIP STUDIO PAINT EX (JUGEMレビュー »)

2013.2.1発売。CLIP STUDIO PAINTの最上位でありComicStudioの後継。どんどん進化していくぞ!
RECOMMEND
ComicStudioEX 4.0 for Mac OS X版 バージョンアップ版
ComicStudioEX 4.0 for Mac OS X版 バージョンアップ版 (JUGEMレビュー »)

アナログで培った物をデジタルでも活かす、発展させる事ができるアイテム。慣れたらもうアナログには戻れない…かもしれない。
CATEGORIES
このBlogに関して
このページ内の画像をNAVERまとめに転載することを禁止します。
MOBILE
qrcode
人工知能は人間を超えるか[Kindle版]
答えは「超えない」です。というかそもそも「人工知能」ってまだ出来てないそうです。序盤で既にそんな事が書いてありました。「知能」の定義がされていないので、どうすれば「人工知能」になるのかも分からないそうです。テレビで人工知能と呼ばれているIBMのワトソンも、細かく言うと”人工知能のようなもの”らしいです。
 
「人工知能は不遇な研究分野なんだ、予算もなかなか付かないし虐げられている。でも僕たち頑張っているから応援してね!」
 
…というのが本の序盤を占めていた。うん、もうこの時点でこの本「面白くなさそう」って思った。こういうお家事情を書かれてもフーンとしかならないし、自分たちは日本一リベラル(自由主義/中道左派)な学会だとか書かれると「あぁ、なんか酔ってるな」的に思えて反感が出てくる。そしてこれは、「人工知能は人間を超えるか」という話題には全く関係のない話だ…。
 
内容にあまり触れてなかったな。ひたすら絵に描いた餅を語るだけです。「人工知能ができればこんなことができるよ!便利だよ!」しか書いてない。お年寄りを狙って架空の投資話を持ちかけてくる業者みたいで、とてもうさんくさい。
 
他者からの引用が多く、この作者は「僕もこう思っていた」と語るだけ。本はたくさん読んでいるようだけれど、それを咀嚼して自分なりの考えを出したりというのはない。インプットして、それをそのままアウトプットしてるだけ。全てを読んで分かったのは、作者は人工知能を新しいアプローチで生み出す研究をしているらしいが、それが生み出されたときは世界はもっと上に行ってるだろうということ。それくらい、作者に想像力を感じない。
 
そして更に思うのが、作者と現実社会とのギャップだ。
 
作者は「人工知能によって防犯カメラが管理されれば犯罪が見つけやすくなる」と安易に語るけど、アメリカと違って日本は住宅地にそんな防犯カメラ無いよ(笑)。じゃぁ設置すれば?となるかもしれないけど、野外用高性能防犯カメラの値段を知ってるのかな? そのお金はどこから出るの? 国が出すの? よくニュースで使われる防犯カメラの映像がコンビニや個人のものだっていうの知ってる? それと人工知能繋げるの? しかもその人工知能、まだできてないんでしょ?
 
近いうちにこういう時代が来ると作者は言うけれど、東電がサポートの切れているWinXPを使い続けていて怒られた件を知る限りでは、そんなインフラの大改造、近いうちに来ないというのは素人にも分かるよ。予算が無いのは大学の研究室だけじゃないよ?

後書きまで読み切って、この人結局「人工知能に乞うご期待!」ってことを鼻息荒く語るだけで、具体的にそれをどう構築していくとかは一切語ってないな…と思った。
 
【まとめ】
研究室の学生に向けて書かれたような感じで引用/注釈が多く、一般に販売するようなレベルに達していない。「人工知能は人間を超えるか」というタイトルの本で長々と人工知能の歴史を語られるとは思ってなかった。そんな風に作者が自分の知識をひけらかすような無駄話が多く、推敲すれば半分になる。
 
編集者仕事しろと久しぶりに思った本。
| 読書&映画感想文 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
断捨離実行中
Kindleでこの本を買ってから、本格的に断捨離をはじめました。そもそも震災以降、物を減らさなきゃなぁと、ぽそぽそやってはいたのですが…。(別に震災の被害を受けたわけではないのですが、物が少なければ家が崩れて埋まっても「探しやすい」だろうなと思った次第。。。東日本は震源地が陸から離れていて横揺れ、地震による建物の被害はほとんど無かったけど、いつ阪神のような縦揺れメインの直下型がくるか分からないし)

要点は他の断捨離本にもある通り「今使わない物は捨てる」なのですが、漫画ということでだいぶ分かりやすくなっています。しかも例が漫画家(作者)の部屋掃除…すごい思い当たる部分が……黒歴史とか。私は紙原稿は大分前に処分しているのでその辺は大丈夫ですが、スケッチブックは何故か全て残っているので、これから金具部分を取り外す作業が始まります(to資源ゴミ)。全部が全部、使い切っていないスケッチブックなんだぜ…使い切らずに何故買った過去の自分よ…。未使用の原稿用紙(束)もあるし、ペン先もグロス(箱)で買って使い切ってない。処分しなきゃならないもの、まだまだある…。

「管理できない物は持つべきでは無い、自分に見合った数を持ちそれを大事にしよう」というのを、片付けながらひしひしと感じています。あと「もったいない」という言葉は、物があふれる現代日本においては、物が捨てられなくなる「呪いの言葉」というのが書いてあって、目から鱗でした(*´∀`)
| 読書&映画感想文 | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
幻月楼奇譚
小西克幸・谷山紀章 他
(2014-06-27)

幻月楼奇譚ーー今市子原作のBL漫画。老舗味噌屋の若旦那と幽霊が見える幇間(男芸者/太鼓持ち)のカップリングで時代設定は明治くらいなのかな? 原作は10年以上前に始まり、でも今4巻目。のんびり続いているシリーズです。今回初ドラマCDになりました。

ドラマCDになりました……が、トラック5がまるまる入ってませんでした。

最初は「こういう趣向なのかな?漫画もたまに見開き真っ白とかやる人いるからなー」…と思ってましたが、4:55も空白なのはちょっとおかしい。Macたんが読み込みミスったかな?と思ってCDを直に聞いてみるも、やっぱり入っていないようだ。

うーん?

しかし音量を上げて聞いてみると何か人のうめき声みたいなのが聞こえ…
続きを読む >>
| 読書&映画感想文 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Free!(3話)
アニメ版オリキャラ?の怜が出てきて面白くなってきました。てかクールに論理武装してるようで天然ってキャラはいい。頭は良いんだけど何だか残念ってキャラはいい(笑)。

部員4人目がこないと他校との合同練習に参加できないと渚に相談されて怜は「しょうがないな」と仮入部してしまう。でも実はカナヅチ。そして溺れる。その後水泳部に正式に入部したけれど、この後も変な論理武装した上で溺れてくれると信じてる。(これ書いてる時点でまだ4話を見てないですが予告からしてそんな予感)

リレーの担当はバタフライになるんだよねぇ…一番難しいと思うんだけど。カナヅチがバタフライできるようになるまでは凄い道のりがありそう。

怜ちゃん
あとやはり眼鏡なのと声がいいね!(そこか)
| 読書&映画感想文 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
pen(7/1発売号)
7/10〜9/23まで日本科学未来館で開催されるサンダーバード展直前のサンダーバード特集号。

まずはジェリー・アンダーソンの生い立ちからサンダーバードを製作するきっかけになった話が綴られている。そして製作裏話。1本(話)の制作費が2000万だとか、次のビジネスチャンスを生み出すために人気番組であったサンダーバードを終わらせるようにプロデューサーから依頼があったとかとか。当時の写真も大量に入ってる。ジェリーの死後半年…息子へのインタビュー記事も。

あとはサンダーバードの世界に戻ってサンダーバードに登場するメカの徹底解剖。毎回何かしらメカが登場してたので思い出しながら読みました。形だけじゃなくてきちんと考えて作られているところがわくわくする。そして顔の濃い5兄弟の説明とTV版全話ぷち解説。

市場として狙っていたアメリカでは受け入れられず、日本で何故ヒットしたのかも語られる。アメリカでは内容の複雑さからレーティングを高めに設定されてしまって「子供向け」では無くなってしまったとか。でもこれは子供の頃にこそ見るべきものだよなぁ…。別に内容なんて全部理解しなくてもいいから格好いいメカとか人を助ける姿とか、それだけでもいいんじゃないかと思うんだけど…。

おまけ付きは売り切れてたけど(´・ω・`)前売りチケット買ったし、これでサンダーバード展の予習はかんぺきだ!たぶん。
| 読書&映画感想文 | 00:17 | comments(7) | trackbacks(0) |
空飛ぶ広報室(最終回)
最初は航空自衛隊の制服目当てで見始めたのですが、良いドラマでした。恋愛物としてもスンナリ見られたなぁ…すれ違いはあったけど変にドロドロしてないっていうか(笑)。主役の空井君が爽やか好青年だったからかな。鷺坂室長役の柴田恭兵が良い味出してた。こっそりあぶない刑事ネタ仕込んでたし(笑)。配役、合ってたと思う。

自衛隊員達も普通の人で、厳しい訓練を受けていて、この国を守ろうとしているんだよーーーという、本当に「自衛隊の広報ドラマ」と言っても良い感じ。でもそこに、ちゃんと警鐘みたいなものも入っていた。

ヒロインの稲ぴょん(帝都テレビ記者)がだんだん航空自衛隊の現場や隊員達の様子を見て肩入れしていくんだけども、あまりにも肩入れしすぎてしまって公平な報道が出来なくなっていると上司に判断され、空自担当を外される。そこでヒロインが悩む場面がある。

昔は自衛隊は平和憲法に反していると叩かれる存在であったからなぁ…日本社会党が元気だった頃はばりばり叩かれていたよね。阪神大震災の災害派遣とかPKO活動をしてからはそういう叩かれ方は少なくなったと思うけど、いまだにあると思う。自衛隊ってデリケートな存在だよねぇ…。

だからマスコミとして変に肩入れしてはいけないし、賛美してもいけない。公平でいるためには右にも左にも偏ってはいけない。稲ぴょんが肩入れしすぎている事を察知し指摘した上司は凄いと思うし、またそのストーリーを入れる事で視聴者も客観的な視点を持つきっかけが作れたと思う。肯定も否定意見も両方出して見る側に判断を委ねたというか、自衛隊賛美のドラマではないということをやんわりと入れたというかなんというか…。

最終回は前回から二年後。震災後の宮城県松島基地でのお話。松島基地はたくさんの飛行機が流されたり水没したところ。当時何故飛行機やヘリを飛ばせなかったのかが語られる。天候が悪く訓練中止が判っていたから整備していなかった。整備していないものは飛ばせない。整備している間に津波が来る。飛行機よりも900名の隊員を優先させた。そしてその反省を踏まえて、今はいつでも飛ばせるようにしていると。

その後何だかんだあって主人公とヒロインがゴールイン。いきさつは省きます(笑)。お互い想い合うが故に離ればなれになっていた二人が結ばれる話は好きです。ハッピーエンドが好きです。この最終話の視聴率は関東で15.3%ですと。この時間帯のTBSでは凄いのでは?

ドラマを見ながら昔吉田茂が言った「自衛隊がヒーローになるときは国民が苦しんでいるときだから、自衛隊は日陰者であるほうがいいのだ(意訳)」って言葉が浮かんだよ。
| 読書&映画感想文 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
聖☆おにいさん(映画)
見に行きました…。事前情報で評判が悪いというのを聞いていたのですが、評判悪いの頷けた。短編を何本も繋いでる感じでテンポが悪い。原作ではやってない過度な仮面ライダーフォーゼネタ。後半の子供の話はイエスもブッダも置いてきぼりで完全に制作者の趣味にしかみえなかった。

原作が好きで見に来る人間が果たしてそういう話を望んでいるのかを、ちゃんと考えて欲しい。仮面ライダーフォーゼネタなんかはフォーゼを見ていない自分からしたら最初は意味が判らず、途中でフォーゼ自体が画面に出てきてからやっと「あ、これフォーゼネタなんだ」と気が付いたくらい。後半の子供の話は正直イライラした。私は”聖おにいさん”を見に来たのであって、ブッダの額を狙う”子供の話”を見に来たのではないんだよ…。ジブリ系の心温まるお話を目指したのかと思うけど、原作そうじゃないからさ…。

テルマエロマエの映画も似た感じで後半にオリジナルストーリーや設定を盛ってたけど、あれは上手く消化できてたんだなぁと実感した。オリジナル設定も上手く話を繋げるために作った感があるし、原作を蔑ろにしては無かった。今回の聖☆おにいさんの映画は、原作を蔑ろにしてる部分があると思う。そこがたぶん不評の原因。ファンサービスとしてネタを持ってくるなら同じ原作者の荒川アンダーザブリッジからとか、聖書や手塚ブッダからじゃないかね? 決して仮面ライダーじゃないと思うぞ…。

そもそも映画っていうのが間違いだったかもしれないな…原作コミックスに付いてきた短編はそこそこいいなと思ったし…。ヘタリアみたいに5分枠でやるのが最適かも。

そうそう、先着順で貰える冊子が公開後2週間目でも貰えてしまった…よ…(´・ω・`)
| 読書&映画感想文 | 00:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
In These Words
読みました。絵は評判通り綺麗でした。デッサンしっかりしてる。日本人の作家さんで例えると皇名月さんの絵でBL読んでいる感じでした。画面が平たく見えるのはグレー塗り(or元はカラー?)だからかな。

マンガとして違和感があるのはなんだろう…やはりアメコミの影響があるように思える…。でもコマ割りは変でもないし、アメコミには無い効果線も僅かにある。でもなんだろう…キャラクターの感情というか、性格というか、なんか気持ちが伝わってこない…見えてこない。言葉が圧倒的に足りない? そういう感情を隠すキャラクター達のマンガなのかなとも思えるんだけども、何もないまま1巻が終わってしまったので何とも言えない。

【以下ネタバレBL注意】


続きを読む >>
| 読書&映画感想文 | 03:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
岳-みんなの山- 18巻(最終)
読みました。

前巻から色々とフラグ立ちまくりで物語も終盤に近づいているのは判っていたのですが、「どう終わるか」が判らない状況でした。生か死か。この物語は普通に終わらないよなぁとは思っていましたが…

【以下ネタバレ】
続きを読む >>
| 読書&映画感想文 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
Istoria~Kalliope~特装版(画集・DVD付)
ステラワースさん(女性向けゲーム専門店)に行ってきました。コミケ会場では売るのに精一杯で買い物は殆どできないのでいつも通販を利用しているのですが、たまには直接店舗で買うのもいいかもなーと思いたち、カレー食べたいと言っていた腐友を連れて行ってきました。(ゴーゴーカレーに行きたいと言っていた→池袋にあった)

そこで見つけたこの本。というかCD。ISBNあるし商業誌かと思っていたら同人誌。装丁も絵も綺麗だし、デモで流れていた曲も民族音楽風で好みの方。何か凄いなー同人誌も凄くなったなーと思いつつ購入。隣に置いてあった既刊(?)のCDには伊藤賢治の名前がちらっとあったのでもしかしたらプロなのか?と思って調べてみたらプロのかたでした。アルトネリコ3の楽曲を担当されたかた? 最近は外国の曲ばっかり聞いていたので日本人はよくわからない…歌ってみたで有名な方々やボカロのPさん達も殆ど知らないんだ…。

曲綺麗でした。綺麗でちょっと派手なアンデスあたりの民族音楽?というのが当てはまるかな。派手なのが好きな方には良いかも。ゆったりと音の余韻が残るような、静かな感じ…では無かったです。ハイ。

VAGRANCYhttp://www.vagrancy.jp/
| 読書&映画感想文 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>